2008年09月17日

「我が家のお稲荷さま。」レビュー

アニメ「我が家のお稲荷さま。」についてのレビューをトラックバックで募集しています。

*キャラクター(声優):天狐空幻/女(ゆかな)、天狐空幻/男(中村悠一)、コウ(早見沙織)、高上昇(水島大宙)、高上透(嶋村侑)、佐倉美咲(鹿野優以)、宮部紅葉(伊藤静)、恵比寿(小野大輔)、六瓢(水橋かおり)、他
*原作:柴村仁

感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
我が家のお稲荷さま。公式サイト

アニメレビュートラックバックセンター at 02:30 | カテゴリ:アニメタイトル:わ

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

我が家のお稲荷様。 第1話 「お稲荷さま。封印解かれる」 の簡易感想
「これは萌えアニメだろう!」と思っていたんですけど、違ったみたいです(´・ω・`) 「らき☆すた」とか「みなみけ」とか、そっち系のアニメ...
*ブログ:俺の目に映る世界 〜アニメの感想と日々の記録〜(2008-04-08)
「我が家のお稲荷さま。」1話 お稲荷さま。封印解かれる
原作読んでない。 でも放電映像がイラスト描いてるのは知ってたのでそういう意味でちょっと期待してた。が、あまり似てなかった。あの絵のク...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-04-08)
我が家のお稲荷さま。 第1話 「お稲荷さま。封印解かれる」
【あらすじ】 今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び出された高上昇と透の兄弟。 二人が呼ばれたのは、透が見た夢が原因だった...
*ブログ:Shooting Stars☆(2008-04-08)
「我が家のお稲荷さま。」2話 お稲荷さま。我が家に住みつく
いきなり妖怪飼っていい?というのはちょっと吹いた。それにあっさりOK出す父親にも驚いた。でもよく考えたら奥さんのことを考えたら妖怪...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-04-15)
我が家のお稲荷さま。 第2話 「お稲荷さま。我が家に住みつく」 の感想
感想の内容はかなり簡易なんですけど、キャプチャーを入れたら縦の長さが微妙だったので、一応簡易ではないということにしておきます(ノ∀...
*ブログ:俺の目に映る世界 〜アニメの感想と日々の記録〜(2008-04-15)
「我が家のお稲荷さま。」3話 お稲荷さま。登校する
この作品はボケキャラばかりだな。 コウの世間を知らなさ過ぎるあまりにボケるのとか護り女として使命ゆえにボケるとか、クーの狐ゆえのボケ...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-04-22)
「我が家のお稲荷さま。」4話 お稲荷さま。収穫する
母親は堀江由衣なのか〜。ちょっと意外だった。あの軽いノリであることを考えるとわからなくもないキャスティングだけど。 これまでのイメー...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-04-29)
「我が家のお稲荷さま。」5話 お稲荷さま。禁忌を侵す
母親の霊を呼び出して透に会わす話。 「日々案じているのはこの土地の安寧と人々の健康だけ」という恵比寿の言葉は嘘ではないんだろうけど、...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-05-06)
「我が家のお稲荷さま。」6話 お稲荷さま。食い倒れる
宮部紅葉が登場。 OPで妙な影というかなんか出てる明らかに人じゃない感じのキャラ。 本当に紹介だけでほとんど今回の話に絡まなかったけ...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-05-13)
「我が家のお稲荷さま。」7話 お稲荷さま。子狐を抱く
新しく狐の親子が登場。 子狐はかなり中途半端な変身でだからパーカーで頭の部分を完全に隠してるようだけど、あれなら下手に変身せずに子狐...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-05-20)
「我が家のお稲荷さま。」8話 お稲荷さま。探し物する
前回より1ヶ月ほど進んだらしい。前回の予告でクーの髪が戻ってたのでいきなりなんだ?と思ってたらそういうことか。 六瓢は今回からちゃ...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-05-27)
「我が家のお稲荷さま。」9話 お稲荷さま。大立ち回る
たぬきふくろうの仮面の者が六瓢にそっくりだった。 というのはどういうことだ?親戚かなにか?わかりやすい伏線らしきものはなかったような...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-06-03)
「我が家のお稲荷さま。」10話 お稲荷さま。裏切る!?
六瓢と思われていたのが人形でフクロウが本当の六瓢だった。で、結局はサカサエンはきっかけに過ぎなくて本物の六瓢と人形の人騒がせなケン...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-06-10)
「我が家のお稲荷さま。」11話 お稲荷さま。奉公に出る
家計を赤字にしまくってるのを気にしたコウがバイトに励む話。 甘味屋にしろハンバーガー店にしろコウの行動が単純にひどいな…。一般常識...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-06-17)
「我が家のお稲荷さま。」12話 お稲荷さま。旅行する
温泉回。 といってもいわゆるサービスカットはラストに少しだけ。そのくらいの方がこの作品らしい? クジで温泉旅行が当たって温泉に行く...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-06-24)
「我が家のお稲荷さま。」13話 お稲荷さま。女子高生になる
クーがセーラー服で頑張る話。 昇はいつものごとくモテモテだった。 クーや佐倉はともかく紅葉のあのアタックはなんなんだろう…?紅葉は...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-07-01)
「我が家のお稲荷さま。」14話 お稲荷さま。電話をかける
なんだか知らないけど新キャラが前回から引き続いてぞろぞろ出てくるな。これまでのわりとのんびりとした感じから2クール目に入って一気に...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-07-08)
「我が家のお稲荷さま。」15話 お稲荷さま。教会へ行く
携帯なりインターネットなり人間が作った最新機器を使って鬼や妖怪が活躍するっていうのは面白い。でもインターネットはなんでも売ってるな...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-07-15)
「我が家のお稲荷さま。」14話 お稲荷さま。辛抱する
封印が解かれたシロちゃんが透に再び会いに来る話。 全身に刺青があるということだったけど、なんだか刺青というよりあの首の辺りのを見ると...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-07-22)
「我が家のお稲荷さま。」17話 お稲荷さま。追いかける
月読のことや汨羅、シロちゃんのことがだいぶわかってきた回。シロちゃんを透のとこに送ったのはまだ不明だったけどおそらく玉耀だろうね。...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-07-29)
「我が家のお稲荷さま。」18話 お稲荷さま。思い出をもらう
ついにシロちゃん編が終了。 なんとかうまくシロちゃんが高上家の一員になるのかと思ってたけどそうはならなかった。この作品のことだからな...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-08-05)
「我が家のお稲荷さま。」20話 お稲荷さま。再び旅行する
また福引が当たって温泉に行くも今度は今度でまた妙なことになる話。 クーが探偵ごっこを勢いのまま楽しんでるのが面白かった。登場人物たち...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-08-19)
「我が家のお稲荷さま。」21話 お稲荷さま。治療する
冒頭のは筋肉ムキムキの狐かと思ったら狼だったのか…。しかしあれが宮部紅葉なんだよねぇ、どう考えても。何もあんなにムキムキにならなく...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-08-26)
「我が家のお稲荷さま。」22話 お稲荷さま。パーティーにのりこむ
宮部紅葉との戦い、あっさり終わる…。 あれ〜?ラスボスじゃないの!? 最初の頃からなんか伏線っぽいのを張っておきながら今ひとつ大事に...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-09-06)
「我が家のお稲荷さま。」24話 お稲荷さま。初詣に行く
終わった。 どういう終わりかと思ったら玉耀がクーと仲直りして、一緒に鍋をつつくというのだった。 宮部紅葉の時もそうだったけど、結局こ...
*ブログ:蒼碧白闇(2008-09-16)
我が家のお稲荷さま。 第1話「お稲荷さま。封印解かれる」
原作は第一巻が出た時に買って、それから途中まで読んでる。 ただ読んだのが結構前なので結構内容はうろ覚え。 このアニメ版の一話を観た印象では原作の独特のぽやっとした雰囲気を損なうことなくうまく映像化し..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-01-22)
我が家のお稲荷さま。 第2話「お稲荷さま。我が家に住みつく」
すごいな、総作画監督の人の名前。 『空流辺広子』って、なんて読むんだ? 二話になってゆるい空気にさらに拍車がかかります。 原作やマンガでの印象だと恵比寿ってもっと胡散臭い感じだったんだけど、そこら辺..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-01-22)
我が家のお稲荷さま。 第3話「お稲荷さま。登校する」
こういうタイプの話をやるなら避けて通るわけがない学校に乱入もの。 更に明らかに人気のあまり出なさそうな妄想同級生を追加して、これがヒロインが三人に! でもまぁ、ありがちな話過ぎて微妙ではある。 脚..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-01-27)
我が家のお稲荷さま。 第4話「お稲荷さま。収穫する」
今回のはアニメオリジナルの話なんだろうか。 なんかBパートの辺の話を原作で読んだ覚えがないんだけど、記憶が朧すぎるのであんまり当てにはならない。 いまいちキャラとしては押しの弱いコウについて掘り下げ..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-01-27)
我が家のお稲荷さま。 第5話「お稲荷さま。禁忌を侵す」
うわぁ、なんか凄い数のスタッフ。 でもその割にはなんだかそこまで力が入っているように思えないのはなんでなんだろう。 ハッとするような動きがないせいでそれが分かりにくいのかな? 私のように派手な動きがな..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-01-29)
我が家のお稲荷さま。 第6話「お稲荷さま。食い倒れる」
ガールズトーク、って感じのお話。 この話を見て気付いたけど、結構細かく動いてるなぁ。特にクーのおっぱい。ことあるごとにぷるんぷるん揺れまくり。 基本的に顔の造形はシンプルなんだけど、アップになった時..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-01)
我が家のお稲荷さま。 第7話「お稲荷さま。子狐を抱く」
ライトノベル原作ではよくある話だけど、二巻目の内容に入って良い感じにのってきたなぁ。 なんだかんだと頑固なコウが可愛い。 脚本:山田由香 コンテ:高田淳 演出:畠山茂樹 総作画監督:空流辺広子 作画..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-01)
我が家のお稲荷さま。 第8話「お稲荷さま。探し物する」
・・・一話の間、ずぅっとクーが水着のまんまだったんだけど。 他の面々はともかく昇すらそこに対するツッコミがないとは。 一応は常識人という位置付けだった昇も、妖怪やら神様やらに囲まれてだいぶ常識が麻痺し..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-01)
我が家のお稲荷さま。 第9話「お稲荷さま。大立ち回る」
「いえ、これしきの渇き、耐えられます」 直接的ではないけど、色っぽいシーンが多くてバッチグー。 しかし、原作の内容がここら辺になると、一回読んでるのにすっごいあやふやになってるなぁ。 今回は珍しく..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-06)
我が家のお稲荷さま。 第10話「お稲荷さま。裏切る!?」
「酷い・・キレイな顔なのに・・・」 ああ、そういえばこんな話でした。 原作を読んだ時はフクロウのヤツが単に自分勝手に見えたけど、年月が経ったからか、アニメという媒体だからか結構印象が違ってくるなぁ。..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-06)
我が家のお稲荷さま。 第11話「お稲荷さま。奉公に出る」
「心の平安がほしい今日この頃です」 最近の恵比寿は本当に不幸っていうか、自分から悪い方へ悪い方へと足を突っ込んでる気がしてならない。 初登場時の飄々とした感じで全てを自分の思い通りに操る、魅力的な悪..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-10)
我が家のお稲荷さま。 第12話「お稲荷さま。旅行する」
「なんでねだる時は女になるんだよ!」 なんか設定がちゃんと活かされていないような。 というか、原作で読んだ覚えがないんだけどオリジナル話なの? 電車での移動中、コウがちゃんと席に座っているところに..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-13)
我が家のお稲荷さま。 第13話「お稲荷さま。女子高生になる」
「父さんはバスの運転手をしてる」 「なるほど。ばしゅのうんてんすさんですか」 「あ、いや、バスの運転手」 「はい。ばしゅのうんてんすさん」 っもう、コウは可愛いなぁ! 一体、どれだけアビリティを装備..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-13)
我が家のお稲荷さま。 第14話「お稲荷さま。電話をかける」
「透、変な通販に手を出したのか?」 「出さないよ! お父さんこそ、僕の名前で通販したんじゃないよね?」 「父さん、通販って好きじゃないんだ」 「なんで通販前提で話が進むんだよ!」 クーが携帯電話を持..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-18)
我が家のお稲荷さま。 第15話「お稲荷さま。教会へ行く」
「あ、そうだ! うちの家族になってみる?」 (・・・って、なんかプロポーズしてるみたい) 「あははっ、なーんてね!」 むしろ前回のサブタイトルは今回に使うべきだったんじゃあ・・・ 何しろ、携帯電話が..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-18)
我が家のお稲荷さま。 第16話「お稲荷さま。辛抱する」
「高上の体からフェロモン的な何かが出てるってこと!?」 落ち込む透を元気付けようとする友人達が素晴らしいなぁ。 一方でコウが突然料理がうまくなっていてびっくりしたけど・・・まぁ、当然ながらの夢オチ..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-18)
我が家のお稲荷さま。 第17話「お稲荷さま。追いかける」
「偉いぞコウ! よくここまで・・・」 あれ? 前回の予告であったシーンがない。 ああ、なんかそういや最近は予告の映像が、全然予告の体を為してないような。 嘘つきまくりです。 わざわざ予告で原画を書き..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-18)
我が家のお稲荷さま。 第18話「お稲荷さま。思い出をもらう」
「なんだよ、それ! 極端だよ! それに透がなんて言うか・・・」 無いわ。 これは無いわ。 なんか感動もののように仕上ちゃいるけど、これは単なるバッドエンド。 しかも話が進んだ結果、避けようがなく訪..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-18)
我が家のお稲荷さま。 第19話「お稲荷さま。芋を焼く」
「その額・・・10万! ドーン! あげちゃうよ!」 前回の話でかなり失望して、続きを見れるかどうか不安だったけど、見てしまえば普通に楽しんでみることはできる。 ただ、もうクーのやることを素直に受け取..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-02-22)
我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」
「もしかしてお前、ウチに居る時、二時間サスペンスの再放送ばっかりみてない?」 「名推理だ、高上警部!」 いかん。普通にクーが可愛い。 シロちゃんの話でかなーり好感度が下がってたんだけど、こうやってギ..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-03-03)
我が家のお稲荷さま。 第21話「お稲荷さま。治療する」
「さ、美咲さん? ・・まさかっ、ここ三階ですからぁあーーっ!?」 案の定、シリアスな話になるとクーの行動が鼻に付くようになりました。 というか、この作品。クーの行動が全面的に是とされ過ぎ。 普通の作..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-03-03)
我が家のお稲荷さま。 第22話「お稲荷さま。パーティーにのりこむ」
「女難っていうのはねぇ。うーん、そうだ! 幸せな不幸かな」 やっぱり、クーのことが好きになれません。 というか、もしアニメで改悪されているのなら失礼な話だけど、作者はこれを本気で面白いと思って書いて..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-07-21)
我が家のお稲荷さま。 第23話「お稲荷さま。だいえっとする」
「ふみゃーーーーーー!?」 美咲の百面相回。 ああ、美咲はこの物語に置ける唯一の癒しだよー。 今回は七転八倒暗中模索猪突猛進七転び八起きな大活躍でした。 脚本:吉田玲子 コンテ:川崎逸朗 演出:..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-07-22)
我が家のお稲荷さま。 第24話「お稲荷さま。初詣に行く」
「でも、そんなことも含めて俺は結構楽しんでるんだ」 とくに盛り上がるでもなくあっさりと終わってしまいました。 見終わった後、なぜかアニメ版のガンパレード・マーチを思い出した。 あ、いや、ガンパレは..
*ブログ:陽気な死者のバンケット(2009-07-22)

コメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。